パパ先生のゲーム開発ブログ

二児のパパがゲーム開発アレコレを書いているブログ。Unity / UE4 / Scratch / プログラミングゼミ / プログラミング教育

[プログラミングゼミ] パズル レベル8 もんだい答え

プログラミングゼミ

パズルのレベル8問題の答えです。

問題クリアでもらえるスターの数は、使うブロックの数によって変わります。

答えをうつすのではなく、まずはお子様自身に考えさせ、

星3を目指す時の、考え方の指導としてお役立てください。

 

レベル8問題概要

レベル8は全部で4つの問題があります。

f:id:papa-sensei:20200309142054p:image

右側から8個の宝石が飛んでくるので、

「条件」ブロックを使って、指定の色・大きさの宝石を取る

プログラムを作っていく問題になります。

 

 

レベル8問題答え

もんだい8-1

緑の宝石で大きいものはそらもん、小さいものはもももんが取ります。

宝石の色は同じで、大きさの違いでどちらが取るかが変わります。

f:id:papa-sensei:20200309142127p:image

「もし〜なら」ブロックを使い、条件に、緑の宝石・小さい宝石を使います。

f:id:papa-sensei:20200309142145p:image

 

 

もんだい8-2

オレンジとピンク、2種類の宝石をとります。

そのうち、大きいものはそらもん、小さいものはもももんがとります。

f:id:papa-sensei:20200309142213p:image

 

オレンジとピンク2つを判定したいので、

「もし」ブロックの条件に「○○ または ○○」を使います。

f:id:papa-sensei:20200309142229p:image

 

 

もんだい8-3

もんだい8-3では、さらに取る宝石の種類が青・黒・白3つになります。

大きいものはそらもん、小さいものはもももんが取ります。

f:id:papa-sensei:20200309142251p:image

 

この問題でも「または」ブロックを使います。

「または」ブロックを繋げることで、2つより多い条件を作ることができます。


f:id:papa-sensei:20200309142316p:image

f:id:papa-sensei:20200309142320p:image

 

それぞれの条件に、青宝石・黒宝石・白宝石とぶつかったらを入れていけば

3つの宝石との判定ができます。

f:id:papa-sensei:20200309142343p:image

 

 

もんだい8-4

最後の問題では、虹色ではない宝石を全部取るようにします。

f:id:papa-sensei:20200309142506p:image

 

「〜ではない」条件を使い、

虹色の宝石とぶつかった・・ではないなら

宝石を取ります。

f:id:papa-sensei:20200309142525p:image