パパ先生のゲーム開発ブログ

二児のパパがゲーム開発アレコレを書いているブログ。Unity / UE4 / Scratch / プログラミングゼミ / プログラミング教育

[プログラミングゼミ] シューティングゲームを作ろう -7.ゲームオーバーがめんをつくろう-

プログラミングゼミ シューティングゲームを作ろう

いよいよさいごの「7. ゲームオーバーがめんをつくろう」です。

 

てきががめんのそとに逃げてしまったらゲームオーバー!

それまでにたおしたかずをダイアログで表示して、

ふたたびさいしょからゲームがはじまるようにしましょう。

f:id:papa-sensei:20200118105404p:image

 

つくるながれ

1. たおしたかずをカウントしよう

2. ゲームオーバーダイアログをひょうじしよう

3. さいしょからゲームがはじまるようにしよう

 

(かんせいのうごき)

f:id:papa-sensei:20200118105343g:image

 

 

1.たおしたかずをカウントしよう

まずはてきをたおしたかずをカウントします。

てきキャラのブロックで、キャラ(たま)とぶつかったときのうごきをかいぞうします。

たまにあたったら、はいけいに「たおした」メッセージをおくるだけです。

f:id:papa-sensei:20200118105421p:image

 

はいけいには「たおしたかず」のへんすうをつくります。

メッセージをうけとったら、たおしたかずに1をたしていきます。

f:id:papa-sensei:20200118105450p:image

これでてきをたおしたかずをカウントできるようになりました。

 

 

2.ゲームオーバーダイアログをひょうじしよう

つぎにゲームオーバーのダイアログと、たおしたかずのひょうじです。

今回は、てきががめんのそとににげてしまったら、

そこでゲームがおわり。それまでにたおしたかずをひょうじします。

 

てきががめんのそとに出たか?のはんてい

まずはてきが、がめんそとにでたか?の判定です。

しらべるブロックの中には「がめんからぜんぶはみでた」など、

がめんのそとにでたかしらべるブロックがはじめからありますが、

こんかいてきは、がめんのそと(右)からあらわれて、

がめんのそと(左)ににげていくので、このブロックが使えません。

*あらわれたとき、すでに「がめんからはみでた」じょうたいだからです。

 

そのため、キャラのよこのいちをみてはんていします。

てきのいどうするうごきのなかに、

「もし よこのいち が -100 よりちいさいなら」 

がめんのそとににげたとはんていし、

はいけいに「げーむおーばー」のメッセージをおくります。

f:id:papa-sensei:20200118105523p:image
f:id:papa-sensei:20200118105527p:image

*-100 はだいたいてきのキャラががめんにぜんぶはみでて見えなくなるくらいです

 

 

ダイアログのひょうじ

はいけいが「げーむおーばー」のメッセージをうけとったら、

たおしたかずのダイアログをひょうじします。

*ダイアログの使い方はこちら

papa-sensei.hatenablog.com

 

 

f:id:papa-sensei:20200118105554p:image

これで、てきがにげたら

ゲームオーバーダイアログのひょうじができるようになりました。

 

しかし、いまのままでは、ダイアログの「OK」をおしても

ゲームをさいしょからあそびなおすことができません。

そこで、ゲームオーバーから、

またゲームがさいしょからはじめられるようにします。

 

3. さいしょからゲームがはじまるようにしよう

さいしょからはじめるには、

ゲームがはじまったときのじょうたいにもどすということです。

 

このゲームがはじまったときは

・てきはまだいない

・たまもない、パワーアップもしていない

・アイテムもおちていない

・たおしたかずも0からスタート

 

なので、ふたたびゲームをはじめるには、

いまつかってがめんにのこっているキャラをけしたり、

へんすうのなかをもとにもどせばいいのです!

 

 

まず、 ダイアログひょうじのあとに、

ぜんいんに「さいしょから」というメッセージをおくります。

f:id:papa-sensei:20200118105551p:image

 

このメッセージをうけとったキャラは、

それぞれがさいしょのじょうたいにもどるために、

へんすうのなかをもとにもどしたり、おうちへかえる(消す)ようにすれば、

さいしょのじょうたいになります。

 

1.てき・たま・アイテムはおうちへかえる

 まず、「さいしょから」メッセージをうけとった、

てき・たま・アイテムは、おうちへかえります。

これだけで、まえのゲームでつかったものががめんのなかからなくなります。


f:id:papa-sensei:20200118105647p:image

f:id:papa-sensei:20200118105643p:image

f:id:papa-sensei:20200118105640p:image

 

 

2.ぱわーあっぷじょうたいをもとにもどす

つぎにプレイヤーキャラです。

プレイヤーはパワーアップじょうたいがのこらないように、

「ぱわーあっぷ」へんすうのなかを、さいしょの0にもどしておきます。

f:id:papa-sensei:20200118105700p:image

 

3.たおしたかず、ゲームオーバーじょうたいをもどす

さいごに、はいけいのたおしたかず、

ゲームオーバーじょうたいのへんすうももどします。

 

いままではいけいの「スタートした」ときにやっていたブロックのうごきを

すべて「さいしょから」のメッセージをうけとったときに、変えるだけです。

f:id:papa-sensei:20200118105748p:image

 

かわりに、スタートしたら「さいしょから」メッセージをおくるようにします。

f:id:papa-sensei:20200118105756p:image

 

[はいけい]

スタートした -> さいしょからメッセージをおくる -> (じぶんで)さいしょからメッセージをうけとったら

 

ゲームをさいしょからプレイするときは、

「さいしょから」メッセージをおくるだけで、

スタート時、ゲームオーバー時、どちらからよばれてもプレイできるようになります。

f:id:papa-sensei:20200118105835p:image

 

これでシューティングゲームの完成です!!!

f:id:papa-sensei:20200118110041g:image

 

こんかいはてきがよこからでてきて、てきをたおしたかずを競うゲームにしましたが、

たとえば、がめんをたてにしてみたり、パワーアップのうごきをかえたり、

さらにかいぞうしてあそんでみてください。