パパ先生のゲーム開発ブログ

二児のパパがゲーム開発アレコレを書いているブログ。Unity / UE4 / Scratch / プログラミングゼミ / プログラミング教育

[toio]トイオコレクションマット上で列・行移動

toioは市販のソフトで遊ぶ以外に、自分でプログラミングをして

toioキューブを制御することができます。

 

toioを制御するには

・toio専用タイトル「GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~」で遊ぶ

・ビジュアルプログラミングで制御

・JavaScript等のプログラム言語を使って制御

と、様々な方法があります。

 

その中で今回はビジュアルプログラミングを用いて、

toio専用タイトル「トイオコレクション」に付属のマット状を自由に移動制御してみます。

f:id:papa-sensei:20200218215106j:image

 1.セットアップ

まずはtoioキューブを制御できるように必要なソフトを準備します。

手順は公式サイトがとてもわかりやすいので、そちらを参考にしてください。

 

toio.io

 

2. ビジュアルプログラミングを起動する

セットアップが完了したらVisual Programming(Beta)を起動します。

f:id:papa-sensei:20200218213608p:plain

 

見た目・機能とも、ほぼScratchですね。

toioのビジュアルプログラミングには、専用のtoioカテゴリがあり、

この中のブロックを使ってtoioキューブを制御します。

f:id:papa-sensei:20200218213801p:plain

 

3.トイオコレクションマットの上で動かす

トイオコレクションには専用マットが付属されています。

このマットは、マスが列・行番号で管理されています。

マット上の列・行は次の通りです。

f:id:papa-sensei:20200218224516p:image

 

中心が[0,0]で、左上が[-4,4]、右下が[4,-4]となっています。

 

 

ビジュアルプログラミングからは

この[列,行]番号を指定して、toioキューブを動かすことができます。

f:id:papa-sensei:20200218214217p:plain

例えば、[列-4, 行-4]の位置に移動させると・・

f:id:papa-sensei:20200218214358p:plain

f:id:papa-sensei:20200218215408g:image

 

 

[列4, 行4]の位置を指定すると・・・

f:id:papa-sensei:20200218215203g:image

 

というように、マスの列・行番号とスピードを指定するだけで

マット上でtoioキューブをマスに沿って移動させることができます。

 

使い方によっては

フィギュアスケートのように、マット上でキューブを踊らせることができますね!

f:id:papa-sensei:20200218215246g:image