パパ先生のゲーム開発ブログ

二児のパパがゲーム開発アレコレを書いているブログ。Unity / UE4 / Scratch / プログラミングゼミ / プログラミング教育

[プログラミングゼミ] パズル レベル1 もんだい答え

プログラミングゼミ

パズルのレベル1問題の答えです。

問題クリアでもらえるスターの数は、使うブロックの数によって変わります。

答えをうつすのではなく、まずはお子様自身に考えさせ、

星3を目指す時の、考え方の指導としてお役立てください。

 

レベル1問題概要

レベル1は全部で4つの問題があります。

f:id:papa-sensei:20200310235250p:image

レベル1では、ドラゴンにぶつからないようにケーキを取っていく問題です。

使えるブロックは「あるく」「ジャンプ」だけです。

これらのブロックを組み合わせて、少ない数でケーキを全部取っていきます。

f:id:papa-sensei:20200310235307p:image

 

レベル1問題答え

もんだい1-1

もんだい1-1は、手前にケーキが1つ、ドラゴンの向こう側にも1つあります。

f:id:papa-sensei:20200310235419p:image

移動するには「あるく」ブロックを使い、

ドラゴンを飛び越えるには「ジャンプ」ブロックを使います。

ジャンプは2マス先まで移動します。

f:id:papa-sensei:20200310235435p:image

 

 

もんだい1-2

もんだい1-2では、石の向こう側にケーキがあります。

f:id:papa-sensei:20200310235509p:image

ドラゴンも石も障害物という点では同じです。

飛び越えるにはジャンプブロックを使います。

f:id:papa-sensei:20200310235525p:image

 

 

もんだい1-3

もんだい1-3ではケーキやドラゴンの数も増えています。

f:id:papa-sensei:20200310235605p:image

数が増えた時は、どの順番でケーキを取っていくのが一番効率が良いかを考えます。
また、ジャンプは2マス先まで移動できるのを利用して、
普通に→→と2回進むより、→ジャンプ1回の方が使うブロックの数を減らせます。
以上のような「効率」を考えていくのも大切です。
f:id:papa-sensei:20200310235741p:image

 

 

もんだい1-4

もんだい1-4ではさらにケーキや石などの数が増えています。

f:id:papa-sensei:20200310235752p:image

この問題でも、いかに使うブロックを少なくするかを考えます。

どの順番でケーキを取っていくか、ジャンプを使って少ない数で移動できないか

などを考える問題になっています。

f:id:papa-sensei:20200310235757p:image