パパ先生のゲーム開発ブログ

二児のパパがゲーム開発アレコレを書いているブログ。Unity / UE4 / Scratch / プログラミングゼミ / プログラミング教育

[プログラミングゼミ] パズル レベル6 もんだい答え

プログラミングゼミ

パズルのレベル6問題の答えです。

問題クリアでもらえるスターの数は、使うブロックの数によって変わります。

答えをうつすのではなく、まずはお子様自身に考えさせ、

星3を目指す時の、考え方の指導としてお役立てください。

 

レベル6問題概要

レベル6は全部で4つの問題があります。

f:id:papa-sensei:20200309222243p:image

 

並べられたケーキを「条件つき繰り返し」のプログラムで全て取ればクリアです。

条件つき繰り返しとは、

ケーキの数が0より大きい なら繰り返す 

と、繰り返すための条件があるプログラムです。

 

 

レベル6問題答え

もんだい6-1

もんだい6-1ではケーキが一列に並んでいます。

f:id:papa-sensei:20200309222325p:image

スタートとボタンを押すと、右からいくつかのケーキがドラゴンに変わります。

条件つき繰り返しを使い、

ケーキの数が0より大きいなら、→に歩くを繰り返してケーキを取っていきます。

f:id:papa-sensei:20200309222351p:image

 

 

もんだい6-2

もんだい6-2は6-1と似ていますが、繰り返しの条件が違い、

ケーキの数が0になるまで 繰り返すというプログラムになります。

f:id:papa-sensei:20200309222415p:image

このように、繰り返しの条件には、

・○○より大きい

・○○より小さい

・○○になるまで(等しい)

と、様々な条件があります。

f:id:papa-sensei:20200309222429p:image

 

 

もんだい6-3

もんだい6-3はケーキが横・縦とジグザグに配置されています。

f:id:papa-sensei:20200309222446p:image

動き方がジグザグになるだけで、繰り返しの条件の考え方は同じです。

f:id:papa-sensei:20200309222507p:image

 

 

もんだい6-4

もんだい6-4は6-3と似ていますが、

スタート直後にケーキが2個横に並んでいるのがポイントです。

f:id:papa-sensei:20200309222533p:image

 

どこの動きを繰り返すか?を考える問題になっています。

 ・まず→に進む

・その後、→に進む、↓に進むを繰り返す

f:id:papa-sensei:20200309222548p:image