パパ先生のゲーム開発ブログ

二児のパパがゲーム開発アレコレを書いているブログ。Unity / UE4 / Scratch / プログラミングゼミ / プログラミング教育

[プログラミングゼミ] 写真を撮って保存・読み込む

プログラミングゼミ 

今回は、プロゼミからスマホ・タブレットのカメラを起動して写真を撮り、

その写真を読み込む方法です。

f:id:papa-sensei:20200214232454p:image

[目次]

プロゼミで扱えるデータ

プロゼミからアクセスできるデータには次のものがあります。

・写真

・動画

・バーコード(QRコード)

それぞれ、「うごき」カテゴリ内のブロックからデータを作成できます。

f:id:papa-sensei:20200214232200p:image

 

写真を撮って保存

背景がタッチされたらカメラを起動して写真を撮ってみます。

 

「しゃしんをとる」ブロック

写真を撮るには、「しゃしんをとる」ブロックを使います。

f:id:papa-sensei:20200214232220p:image

ブロックの数字は、「横の大きさ」 x 「縦の大きさ」です。

プロゼミの画面の大きさは800x430なので、

画面いっぱい撮りたい場合はこのサイズにしましょう。

 

実行すると、スマホのカメラが起動して写真が撮れます。

(今回撮った写真)

f:id:papa-sensei:20200214232239p:image

 

撮ったデータを保存する

撮ったデータを保存するには、「データを保存する」ブロックを使います。

f:id:papa-sensei:20200214232256p:image

 

撮った写真・撮った動画は、「しらべる」カテゴリ内のブロックから取得できます。

ここでは、「とったしゃしんデータ」をぴかちゅうという名前で保存します。

f:id:papa-sensei:20200214232316p:image

 

保存したデータはどこにある?

保存したデータは、スマホの写真やギャラリー内ではなく、

プロゼミ内の作品設定内から確認できます。

作品右下の歯車ボタンを押すと、「セーブデータ」という項目があります。

f:id:papa-sensei:20200214232335p:image

 

この中に先ほど保存したデータがあります。


f:id:papa-sensei:20200214232353p:image

f:id:papa-sensei:20200214232356p:image

 

 

保存したデータを読み込む

保存したデータは、「データをみる」ブロックから見ることができます。

f:id:papa-sensei:20200214232256p:image

 

データには「ほぞんしたぴかちゅうデータ」をセットします。

f:id:papa-sensei:20200214232433p:image

 

読み込むと、プロゼミ内のヒントのように表示できます。


f:id:papa-sensei:20200214232454p:image

f:id:papa-sensei:20200214232450p:image

 

写真以外にも動画が保存できたりもするので、

ゲーム内の操作説明やチュートリアルなどで使えそうです!