パパ先生のゲーム開発ブログ

二児のパパがゲーム開発アレコレを書いているブログ。Unity / UE4 / Scratch / プログラミングゼミ / プログラミング教育

[プログラミングゼミ] 〇秒だけくりかえす

プログラミングゼミ

こんかいは「〇秒だけくりかえす」時間によるくりかえしです。

 

くりかえしには

「ずっと」「〇かいくりかえす」などありますが、

「3秒間だけくりかえす」という、秒によるくりかえしのブロックはありません。

 

そこで、「〇〇になるまでくりかえす」条件付きのくり返しブロックを使って

秒数によるくりかえしをつくってみます。

 

(かんせいのうごき)

f:id:papa-sensei:20200121003721g:image

3秒間だけうごく(ずっとすすむうごき)

 

 

秒の計算には「1970年からの秒」ブロックを使う

プログラミングゼミのブロックの中に

「1970年からの秒」というブロックがあります。

f:id:papa-sensei:20200121003749p:image

これは、1970年という昔から、今げんざいの時間まで何秒たったか。

という秒数が入っています。

*たとえば、今の1970年からの秒が100秒だとすると、

1秒後には101、2秒後には102 になっていきます。

 

この秒数を使って、3秒後というのを計算します。

 

 

まずはうごきのかくにんのため、

キャラがずっとうごきつづけるプログラムを作ります。

f:id:papa-sensei:20200121003811p:image

f:id:papa-sensei:20200121003824g:image

「ずっと」のくりかえしのため、3秒たっても止まりませんね。



つぎにこのうごきを3秒たったら止まるようにします。

プログラムが始まってから3秒たったというのは、

 

f:id:papa-sensei:20200121003858p:image

スタートしたときの時間:1970年からの秒

を、まずはへんすうにとっておきます。

 

つぎに、「ずっと」くりかえしのなかで

今の秒数と、スタート時にとっておいた秒数を引き算します。

その答えが3より大きければ、3秒たったということです。

 

「〇〇になるまでくりかえす」ブロックの条件には

「(今の)1970年からの秒 - スタート時にとっておいた秒」が3秒よりおおきい

になるまで、くりかえすといううごきになります。

f:id:papa-sensei:20200121003915p:image

これで3秒だけすすみ、3秒過ぎたら止まる動きの完成です。

f:id:papa-sensei:20200121003721g:image

 

〇秒だけくりかえしたい。など、条件に秒を使うことも多いので、

1970年からの秒ブロックの意味はしっかり覚えてましょう!