パパ先生のゲーム開発ブログ

二児のパパがゲーム開発アレコレを書いているブログ。Unity / UE4 / Scratch / プログラミングゼミ / プログラミング教育

[プログラミングゼミ] タッチしたばしょにキャラをよび出す (タッチエフェクト)

スマートフォンなどのゲームでは、

タッチした場所に「イマココをタッチしたよ!」と、

キラキラや円などのエフェクトを表示するゲームがあります。

(タッチエフェクトと呼ばれたりします)

 

今回はプログラミングゼミでタッチエフェクトを作ってみましょう!

 

プロゼミでタッチされた位置は

タッチされた よこのいち

タッチされた たてのいち

ブロックで調べることができます。

画面内のどこかがタッチされたら、

タッチされたいちにキャラを呼び出すだけです。

使うブロックはこれだけですね。

 

f:id:papa-sensei:20200109001711p:image

 

このとき、呼び出したキャラはステルスを1にして、

ぶつかり判定を無くしておくと、他のキャラとぶつかった判定がなくなり、

見た目だけの動きになります。

f:id:papa-sensei:20200109001849p:imagef:id:papa-sensei:20200109001857p:image

 

よび出すキャラのポーズを花火の絵などにすれば、

自分でタッチしたいちに花火を打ち上げることなどもできます!

f:id:papa-sensei:20200109001919g:image

 

タッチした場所がキラッと光るだけでも、

ゲームの見た目が華やかになるので、

ぜひ使ってみてください!