パパ先生のゲーム開発ブログ

二児のパパがゲーム開発アレコレを書いているブログ。Unity / UE4 / Scratch / プログラミングゼミ / プログラミング教育

[プログラミングゼミ] あたった?あたってないよ。「ステルス」ブロック

プログラミングゼミ  レベル999 ステルスブロックの使い方です。

 

f:id:papa-sensei:20200108135750p:plain

 

通常キャラ同士は、しゃしんのポーズで設定した、

「ぶつかるかたち」の点線の大きさで、ぶつかったか調べることができます。

またかたちは「しかく」以外にも「さんかく」や「まる」なども選べます。

f:id:papa-sensei:20200108140103p:plain
f:id:papa-sensei:20200108140118p:plain



しかし、ときには特定のキャラ同士はぶつかりたくない(ぶつかった判定をしたくない)

場合もあります。そのときに使うのが「ステルス」ブロックです。

f:id:papa-sensei:20200108140543p:plain

 

 

試しにステルスを使わない場合の動きを確認してみましょう!

キャラクターがケーキまで歩くゲームで、途中に石があります。

キャラクターは「なにかとぶつかる」までずっと歩き続けるような動きを作りました。

f:id:papa-sensei:20200108140908p:plain
f:id:papa-sensei:20200108140925p:plain

 

これを動かしてみると

f:id:papa-sensei:20200108142224g:image

 

石に当たってしまいケーキまでたどりつけませんでした。

そこで「ステルス」ブロックを使ってぶつからないようにしてみます。

 

f:id:papa-sensei:20200108141121p:plain

「ステルス」はへんすうで、

0にするとぶつかる、1にするとぶつからない 設定になります。

 

石のキャラの「ステルスを1にする」してふたたび動かしてみます。

f:id:papa-sensei:20200108142247g:image

 

すると、石とは当たらずにケーキまでたどりつけました!!

 

キャラクターとして画面内にあるけれど、

ぶつかりたくない場合は「ステルス」を使いましょう!