パパ先生のゲーム開発ブログ

二児のパパがゲーム開発アレコレを書いているブログ。Unity / UE4 / Scratch / プログラミングゼミ / プログラミング教育

[プログラミングゼミ] ダイアログの使い方

プログラミングゼミ

レベル999になると使用できる「ダイアログ」ブロックの使い方です。

*レベルは設定から自由に変更できます。

 

 

ダイアログの表示

f:id:papa-sensei:20200108004726j:image

 

ダイアログブロックは左から

ダイアログのおおきさ (よこの大きさ)

みだし (ダイアログの上に表示される言葉)

ぶんしょう (ダイアログの中に表示される文章)

選択ボタン (ダイアログの中に表示される選択ボタン)

の項目を設定できます。

f:id:papa-sensei:20200108005337j:image

ダイアログが表示されているときは、うしろが暗くなります。

 

また、選択ボタンにはOKのほかに

「はい・いいえ」2つのボタン表示も選べます。

f:id:papa-sensei:20200108005539j:imagef:id:papa-sensei:20200108005522j:image

 

 

選択ボタンを自由に設定する

選択ボタンには「はいれつ」が設定でき、

その要素をボタンとして表示することもできます。

ここでは選択ボタンに

「まぐろ」「サーモン」「いくら」を設定してみます。

f:id:papa-sensei:20200108005950j:imagef:id:papa-sensei:20200108005954j:image

ボタンの数が3つになりましたね!

 

 

どのボタンを押したかしらべる

ダイアログの選択ボタンのどれを押したかは、

しらべるカテゴリにある「ダイアログのへんじ」へんすうの中に入っています。

f:id:papa-sensei:20200108010411p:image

 

「ダイアログのへんじ」の中には、押したボタンの番号の数字が入ります。

ボタンの番号は左から0番で、1番、2番、と増えていきます。

f:id:papa-sensei:20200108010758p:image

0:まぐろ 1:サーモン 2:いくら

 

この「ダイアログのへんじ」をしらべて、

押したボタンによって動きを変えることもできます。

f:id:papa-sensei:20200108010908j:image


f:id:papa-sensei:20200108011839g:image

クイズや質問などにも使えそうですね!